<トピック>第35回大分合同新聞福祉賞を受賞

<Facebook Page チャイルドラインおおいた より>

 チャイルドラインおおいたはこれからも、子どもの心の居場所であり続けたい、届いた子どもの声を社会に発信して、子どもにやさしい社会になることを目指していきます!

 チャイルドラインおおいた開設10周年の記念の年に栄誉ある賞を頂きました。スタッフみんなと喜び合いました。

 開設準備段階から支えて頂いたみなさま、県内各地からボランティアとして参加してくれているメンバーのお陰で活動が続けられています。

 ここまでご支援、ご指導して頂いたみなさまに感謝しています。
 今後ともよろしくお願い致します。

こどもたちの「どこでもドア🚪」

大分のこどもたちと「どこでもドア」のようにつながります。

Facebook<チャイルドラインおおいた>より
https://www.facebook.com/childline.oita/posts/339281561325968

<さまざまな悩みを相談しやすい環境づくりが目的>
大分県教育委員会の取り組みです!

子どもが困ったときの相談先アプリをタブレット端末で利用できるようになりました!
ひとりで抱え込まず気軽にアプリを活用して下さい!

 チャイルドラインが子どもの声から感じる利用した子どもの動機は「話を聴いてほしい」「誰かと繋がっていたい」合わせて80%以上です。
 子どもたちは話相手を求めています!

※どんなことでもいっしょにかんがえる
※ひみつはまもるよ
※なまえはいわなくていい
※電話やチャットをとちゅうできってもいい

チャイルドライン広場のご案内

「チャイルドラインおおいた」10周年記念事業
チャイルドライン広場のご案内


 平素より、チャイルドラインおおいたの活動にご支援ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 「チャイルドラインおおいた」は、2011年5月5日の開設以来、多くの子どもの声を聴き、気持ちを受けとめて来ました。

 そして、子どもの話に耳を傾ける大人を増やし、電話から見える子どもの現状を広く発信していくことで、子どもが生きやすい社会の実現をめざして来ました。

 今年、開設10周年という節目の年を迎えます。今までの活動を振り返り、支援していただいた方々への感謝とともにこれからの社会を担う子どもへのエールを込めて、2021年 5月5日に、チャイルドライン広場をJ:COMホルトホール大分エントランスにて開催いたします。

 当日は県下の子どもたちに募集したチャイルドラインおおいたカードデザインのお披露目やスタンプラリー、チャット体験など子どもが楽しめる様々な内容を企画しております。

令和2年度「大分県人権尊重社会づくり推進功労賞」

 令和2年度「大分県人権尊重社会づくり推進功労賞」を表彰して頂きました❣️

 2011年に開設して今年で10周年を迎えます!コツコツみんなで力を合わせて活動を続けてこれた事を認めて頂きとても嬉しいです!

 開設準備からずっと変わらず支えて頂いたみなさま、ボランティア活動を見守って頂いたご家族のみなさまに感謝の気持ちで一杯です💕

 これからも子どもの声に耳を傾け、気持ちを受けとめ、子どもにやさしい社会になるようスタッフ一同頑張ります❗️

カードデザイン大募集(10周年記念イベント企画)

 チャイルドラインおおいたは、10周年をむかえます。それを記念して、カードデザインを大ぼしゅうします。採用されたデザインは、2021年秋から配布されます。みなさん、是非おうぼしてくださいね。

 今回のカードデザインの募集など、10周年を記念していろいろなイベントを企画しています。舞台裏を支える実行委員会の活躍にも、ご注目願います。
10周年実行委員会だより は こちらから